講義科目Pickup

  • 鉄道車両工学Ⅰ・Ⅱ
    新幹線が高速ですれ違う際、ガタンと揺れる理由
    鈴木昌弘 教授

     新幹線が高速ですれ違う際、ガタンと揺れる理由を知っていますか? 走る車両の先頭周辺は気圧が高く、そのすぐ後方の運転席周辺は低くなるため、列車同士は空気をはさんで押し合い、直後に引き合うのです。線路や電力供給を含む鉄道システムの全体像から、このような車両の物理的特性までを扱う「鉄道車両工学」は、国内の大学で唯一とも言える科目。鉄道業界の新人教育用教材も用い、実際の車両テストの様子など、鉄道関係の研究所に勤務していた私の経験もお話ししています。身近なのに意外に知らない鉄道のメカニズムを知るだけでなく、巨大システムをどうつくり、安全に維持管理するかを学ぶこの授業は、将来どの分野でも役立つ内容です。

    流体力学が専門の鈴木先生。「トンネル内での至近距離のすれ違いや、前後両方向に走行できる車両形状など、鉄道は流体力学的に見て、興味深い問題が満載の分野です」と言います。

  • 自動車工学Ⅰ・Ⅱ
    “自動車とはどんな機械なのか”を理解する
    相馬仁 教授

     自動ブレーキなどの運転支援システムや今注目される自動運転。これらの最新技術に関心を持つ人は多いと思いますが、最先端を知るには基礎が重要です。この科目は、“自動車とはどんな機械なのか”を理解する講義です。自動車の原理と基本構造を学び、エンジン、トランスミッション、ブレーキ、ステアリングといった主要部品の構造や機能を学び、性能や安全性の評価について学んだ上で、運転支援システムや自動運転についても紹介します。
     自動車工学には熱力学・流体力学・材料力学といった機械工学の基礎がすべて入っています。この学科で学んだ基礎が、自動車の中でどのように息づいているかを実感してもらえたらと思います。

    本文でも触れた自動運転は相馬先生の研究テーマの一つ。技術的側面だけでなく、倫理・法律・社会を含む幅広い観点から取り組む必要があるそうです。写真は運転支援に関わる実車実験。

  • 航空宇宙工学Ⅰ~Ⅲ
    エアバス社A350は“プラスチック”で出来ている?
    仙場淳彦 准教授

     旅客機はどんな材料でできているか、ご存じですか。現在は金属の中でも軽量なアルミ合金が主に用いられますが、2019年9月にJAL国内線に就航したエアバス社A350は、主翼も含めて機体の半分以上が炭素繊維複合材、すなわち“プラスチック”で作られています。大幅な軽量化が図られ、燃費向上・CO2排出量削減と低騒音化が実現しました。さらに今後は、鳥の翼のような柔軟性を備えた主翼や、電力で飛ぶ旅客機の登場なども期待されています。
     授業では航空機・宇宙機について、過去に学んだ工学知識を総動員して理解を深めます。旅客機や人工衛星などの高度な機械がどのように作られ、運用されているのかを知る興味深い授業です。

    「ライト兄弟の世界初有人飛行から120年を経た今、当時のような柔軟性のある材料が再注目されています」と仙場先生。写真は、最新型旅客機エアバス社A350-900の模型です。

研究内容Pickup