国際会議で河田陽さんがベストオーラルプレゼンテーション賞を受賞



2020年11月3日~6日にてオンライン開催された国際会議The 21st International Symposium on Aerospace Technology & Manufacturing Process(第21回航空宇宙技術ならびに製造工程に関する国際シンポジウム)にて,航空工学I研究室所属,4年生の塚本瞭太さんが“Enhanced Antagonistic SMA Actuator for Morphing Aircraft”(モーフィング航空機のための改良型拮抗式SMAアクチュエータ)と題した研究成果発表を行い,Best Oral Presentation Award(ベストオーラルプレゼンテーション賞)を受賞しました。



公開日: